人形劇団NEU公式ブログ


by tsukuba-neu

文化祭と振り返り、そして韻

気が付けば稲刈りの時期も過ぎ、果たして秋はあったのかと言わんばかりのレベルで寒くなってきましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです、名を水田という者です。こう、いろいろあっただけに、書くことが何個かあるような気がしますが、読んでる人が飽きる前に、すべき宣伝をいきなりですがしようかと。

というのも、来たる11月4日の土曜日、人形劇団NEUでは雙峰祭で「ワークショップ」を行います。内容の方は、トイレットペーパーの芯を使って指人形を作ったり、紙コップを用いてマリオネットを作ったりすることができます。時間は10:00からで、場所は第3エリアA棟214教室で行います。ただし最終受付は16:30となっておりますので、おきおつけください。

指人形の方は発想次第で無限の可能性を秘めている、というのは少々、いやかなり言いすぎかもしれないですが、結構いろいろなタイプのキャラクターが生まれるのではないでしょうか。実際団員で試作した時もいろいろできましたし。
マリオネットの方は、紙コップといえど侮るなかれ、といった感じでしたね。思ったよりしっかりマリオネットでしたし、作りごたえもあって。きっと子供から大人まで楽しめる内容だと思うので、ぜひいらしてください。

これで伝えるべきことは伝えられたのでは。ここまで読んでいただければ問題ない、はず、です。
ここからは「去る者追わず」の精神で書いていきます。

さて、新人公演の話を。思えば、この時が人生においての初の演劇でした。なので、することなすことほとんどが初体験で。どう人形を動かし見せればいいのかとか、台詞の言い方とかを先輩方に指導していただいたり、自分で人形を作ってみたりしたわけで、なんといいますか、なんていうんですかねこの感情。楽しかった、ではきっと違う気がして。これが「言葉に表せない」というやつですね。とにかく、こう、プラスの感情が伝わっていればよいのです。そんな感じで準備期間を過ごしていました。ただ、経験が一切ないので、迷惑をかけることも多々あった気がします。詳細は省略しますが。

時流れて当日ですが、いやはや、舞台裏での待機時間は忘れられないですね。自分は本番の1時間くらい前に緊張のピークをむかえる人間なので、この時はそこまでの緊張はなかったように思います。とはいえ、お客さんが入ってくるたびに、ある種の不安は生まれましたが。ですが、さしたる問題もきっとなかったと思います(思いたいです)し、いい演劇だったと思ってもらえているなら嬉しいですね。とてもいい脚本でしたし。あの世界観を再現できていたのかは分かりませんが、そうすることの一部を自分がやっていたと思うと、「よくやれたなあ」と思います。本当に。

あと新人公演に関して自分が話せそうなのは、ポスターパンフレット周りですかね。何か書けることがあっただろうか。方々に迷惑かけたくらいしか覚えてないような。あるいはずっとカッターを握っていた記憶か。

そんなこんなでここまで新人公演の色々を書いてきましたが、なんか、しっかりしたことを書けた気がしません。これで終わるとどこか締まらない感じがするので、ポスターの流れに乗っかってもう1つ。というのも、話は初めに戻りますが、今回の文化祭の方でもポスターを作成しました。なので、ここにそれを貼って消えたいと思います。

最後になりますが、是非文化祭にいらしてください。文化祭自体、いろいろやっている(と思う)ので。そしてノイのワークショップの方にも、是非訪れてください。団員一同、お待ちしております。
以上、水田による宣伝、をお送りしました。
f0163746_22474796.png

[PR]
by tsukuba-neu | 2017-10-29 23:37 | Comments(0)